ワークフローとグループウェア

ワークフローとは、ビジネス上の手続きの流れを指します。関係者の間で情報を共有して業務を円滑に進めていくことは、ビジネスの上で非常に大事なことでしょう。

事務的な作業の多くは文書の作成だと言っても言い過ぎではありません。データも文書の一部と考えれば、基本的には文書が流れることによってビジネスが成立していると言えるでしょう。



グループウェアにはメール機能が統合されていますが、これによって情報の共有が容易になり、また情報の処理も同時に行うこともできるようになりました。たとえばある人が何らかの処理を行ってメールを配信すると、そのメールを受け取った人がその文書を元にして処理を行って、さらに別の人に配信するという形をとって業務が流れていきます。

All Aboutに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

共有されている文書はもちろん蓄積されていて、それらは検索の対象となって再利用されることもあります。

もともとグループウェアは文書を管理することが目的で作られたのですが、それにメール機能が統合されたことによってコミュニケーションツールとして用いられるようになり、現在のところはワークフローの基盤を作り上げたと言ってもよいでしょう。
提携の業務に関してはグループウェアは非常に便利なツールだと言えるでしょう。また、基幹システムと統合されたものもあり、これによって企業における業務の中心的な位置づけをグループウェアが持つことになります。


もちろんそのためには高度な技術が用いられていますが、ソフトウェアの普及に伴って安価に利用できるようになってきていると言えるでしょう。

明日に役立つグループウェアについての情報を簡単に探すことができます。