グループウェアの特徴

グループウェアの特徴は、なにより共同作業のためのツールが「1つのシステムにまとまっていること」といえるでしょう。

電子メール機能、チャット機能などは、個別にその機能を備えているソフトウェアはあります。

チャットなどは随分聞きなれたものではないでしょうか。



ファイル共有も、スケジュール管理もそうです。



個別にその機能を持ったサービスならば別に存在します。

しかし、グループウェアでは、これをひとまとめにし、有機的に結合させてサービスを提供するのです。

これをすることで、いちいち個別のソフトウェアを立ち上げてメールをし、グループ内でどのソフトウェアで会議を行うかを打ち合わせ、といった手間が省かれるといえます。
なにせ、グループウェアでメールを送り、そのままそのシステム上で会議を行えばよいのですから。


しかも、会議中ファイルを共有したいときも、別個のファイル共有システムを利用しなくとも、同システム上で共有できます。
また、グループウェアの中には、Webブラウザで用いることができるものがあります。

これにより、グループのメンバー間でのPCの環境の違いによる障壁が薄くなるといえるでしょう。

産経デジタルの情報を求める人におすすめのサイトです。

さらに、1つのシステムにまとまっていることで、どの機能をどのような属性の人物が使用することが可能か、ということに関して設定することも可能になっています。スケジュールやファイルの共有について、いちいち別ソフトを使っていればそのたびに設定する必要がありますが、それもまとめることで、便利に運用することができるでしょう。